本文へスキップ

ホームヘルパー2級 資格取得

ホームヘルパーとは/ホームヘルパー2級の資格取得から仕事の詳細まで

ホームヘルパーとは

日常生活を送るのに支障がある高齢者や身体障害者がいる家庭を訪問して、食事、排泄、入浴などの身体介護や、調理、洗濯、掃除、買い物などの生活援助といった日常生活全般の援助を行います。

老人保健施設や養護老人ホーム等の介護福祉施設で働く場合もあります。

仕事は、食事や入浴、着替え、排泄の介助、体位変換をする「身体介護」、調理や洗濯、買い物などをお手伝いをする「家事援助」があります。

他にも、利用者や家族と積極的にコミュニケーションをとり、悩み事や不安の相談にのるなどの精神的ケアを行うのも大切な役割です。これらのサービス通じて、利用者は自宅で一人暮らしが継続できたり、家族などの介護者の負担を軽くすることができます。

「住み慣れた家で家族と一緒に暮らしたい」と願う高齢者は多く、そのお手伝いをするのがホームヘルパーのお仕事といえます。

ホームヘルパーは1級、2級、3級に分かれています。

1級は2級を取得した人しか取得することができません。

2級と3級はどなたでも受験できますが、3級は家事程度と業務範囲が狭いので、介護・福祉の分野で働きたい人は、まずホームヘルパー2級の取得にチャレンジするのが一般的です。

最近では家庭内での介護にも活かせる知識として講座を受講し、ホームヘルパー2級を取得する人も増えています。


information

 ホームヘルパー 講座
ニチイ ホームヘルパー2級講座

◎ヘルパー養成数No.1の実績と信頼!
◎就業のための「登録スタッフ制度」あり
◎厚生労働省 教育給付金制度対象講座

修了後は試験なしで、一生使えて全国で通用する「2級課程修了証明書」を交付。


LINK


LINK1   LINK2    LINK3    LINK4

LINK5   LINK6    LINK7    LINK8

ナビゲーション